ペットはハムスターですが、なにか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小説】 I T (★★★★★)

<<   作成日時 : 2007/11/27 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【画像は削除しました】スティーヴン・キング著の 「 I T (イット)」 のご紹介です。まぎれもないキングの代表作。長編ですので、アメリカのほこりっぽい田舎町にトリップして夢中でどっぷり味わえます。私は夢にまで見てしまいました。

こちらは下巻↓。
【画像は削除しました】

何気ない日常にちいさなノイズがちょっと走って頭が痛いような、
そんな異変がはじまりで、
そこからどんどん狂気がせまってきます。

海辺の波みたいに、よせては返し、よせては返し、
ゆだんしてると凶暴な大波が。

異変のはじまりは、ピエロでした。


アメリカの実在の大量殺人鬼ジョン・ウェイン・ゲーシーも、
被害者にちかづく手段にピエロの仮装を利用しました。

アメリカでピエロというと、おもしろい、楽しい、フレンドリーって印象があるようです。
この作品でもピエロはそんな位置付けから登場しています。


でも、私はマクドナルドのドナルドがきらいです。
厚化粧で顔を隠していて、オーバーアクションで、どう見たってあやしげ。
日本人の日常にピエロはでてこないので、アメリカ人の持つイメージとは違うと思いますが、
それでもこの作品のピエロはこわかったです・・・やっぱりきらい。(T_T)


ここでご注意。レンタルビデオに I T のDVDがありますが、オススメできません。
小説の I T をダイジェスト版にして、あらすじを紹介するようなDVDになってしまっています。
この小説が豊潤という言葉で表現されている理由はそこにあるので、
豊潤を味わうには本で読むしかないと思います。

さあ、たっぷりと、どうぞ〜♪

【2008/07/20現在 コメントは、ほぼ投稿同日に、管理人が確認してから公開されます。】


IT〈1〉 (文春文庫)
文藝春秋
スティーヴン キング


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

IT〈2〉 (文春文庫)
文藝春秋
スティーヴン キング


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【小説】 I T (★★★★★) ペットはハムスターですが、なにか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる